【くさのたろうクリニック】二重あごについてのカウセ&脂肪注入モニターの6ヶ月撮影に行ってきた

2021年5月4日

スポンサードサーチ

過去記事

直前の記事

くさのたろうクリニックの一覧

脂肪注入の記事一覧

通院

七割引きモニターを月曜日の赤嶺先生がやっているとのことで、LINEでクリニックに予約。

クリニックの返信は「月曜の非常勤医師、赤嶺ですとネックリフトのご案内は難しいかと存じますが、そちらのご確認も含め」カウンセリングの予約を取るか?と訊かれたので同意しました(鼻の手術代金を払う予定があったので、ネックリフトでなくても何か提案があったら訊きたいなぁと思ったゆえお話しておこうと)。

病院に向かう

いつも通り検温と消毒。

診察

(感想や気持ち、補足について言及している部分は水色の背景にしています)

予約した時間から見て14分後に診察室へ。別のパーティションにいる草野先生と患者さんの会話が聞こえます。そこから3~5分程度経ってから、草野先生登場。

(赤嶺先生ではなく、草野先生が現れたので困惑しました)

草野先生に今日は赤嶺先生との予約だったはずがと突っ込みを入れました。草野先生曰く「事務的なミスかもしれない」とのこと。

(先生はその時点でカウンセリングの予約した理由を把握していなかったのでしょうか…?)

私の髪色が変わったことについて少し雑談をしました。

二重あご

(すでに草野先生とは二重あごの件についてお話ししていた(2021年3月1日付けのブログ)のですが、)カウセ開始。

たるみとラインが気になる、他院で咬筋切除の影響かと言われた、どうにかできないかと先生に訊きました。先生曰く、まずは脂肪吸引をして脂肪を取って拘縮に期待する、と。

フルフェイスリフトあるいはネックリフトも考えられるが、効果がそこまで期待できない。顎下の皮膚を切除しても良いが、傷が残る。

なお、「難易度が高いので赤嶺先生は単なるフェイスリフトしかやってなくて、ネックリフトをやってるのは私だけだ」とのこと。

モニター撮影

5月下旬が6ヶ月目なのですが、今日ついでにモニター撮影も行えるかの確認を先生に。先生曰く、問題ないとのことで、撮影をされました。

先生に「全体的に丸くなって、望んでいる形になったのでは」といわれました。

今日はもともと鼻の手術代の半金をクレジットカード(使えなければダッシュで銀行に行って)で払うつもりでいました(半金を払ってから予約しないといけないので、振り込みだと日程を決めるタイミングと入金のタイミングがずれます)。

草野先生に鼻の手術の代金を今日払うと伝える。先生曰く「前より良くなったと思うけど…」。手術の内容は何かと聞かれ、前に作ってもらった見積もりで、肋軟骨の鼻中隔延長とハンプ削りであると伝える。

そのときに、草野先生に、肋軟骨の利用に反対され、「多くの場合で耳介軟骨移植をする、すでに耳介軟骨を使ってしまっている場合はともかく肋軟骨を初回から使わない 」と言われました。

(今まで特に反対はされていなかったので、突然そう言われてびっくりしました。また、以前肋軟骨を使った施術について話し合いをしていました)

そのとき費用についての話題にもなって、肋軟骨でやる場合は通常料金に+10万 (モニター適用後は+7万円)の肋軟骨採取代がかかる と先生に言われました。以前確認したときはそんなことなかったので(記事下の見積もりとLINEのスクショ参考)、先生にLINEを見せて確認を取りました。

草野先生に確認すると、「LINEで伝え間違えたのはスタッフの確認不足のせい、申し訳ない。ただ私は肋軟骨でやりたいという話を訊いていない。 」と言われました。

実際には以前のブログ記事(以下のリスト)で肋軟骨を使う話を先生としたことについていくつか言及しています。

その後、「金額のことは置いておいて、耳介軟骨でやったほうがいい」と、先生。肋軟骨でやるほど鼻先の高さを出せない(鼻そのものを高くしないとしないと整合性がつかない)と絵を描かれつつ先生に言われたが、別に「まっすぐにしたいわけではなく、韓国人みたくカーブした鼻がよい」と希望を伝えました。

(手術を受けるとしたら、デザインについて議論の余地がありそうです。)

静脈麻酔でもできなくはないが、全身麻酔がおすすめで、それはプラス5万であると。

帰宅

診察が始まってから35分ほどで帰宅しました。

スポンサードサーチ

感想

家に帰ってから思ったことについて。

  • 希望した医師と違ったのはLINEでのやりとり内容的に「草野先生とのカウンセリングで『非常勤の先生が手術可能であるか』を確認する」と解釈してしまった可能性があるにせよ、LINEで事前に確認していた料金よりも10万(モニターでは7万)高いのはスタッフがちゃんと確認すれば済む問題であると思った。-> 帰宅してからLINEを見返すと、当該のスタッフからのLINEには「院長の草野にご確認をさせて頂き」と書いてあった。
  • 肋軟骨移植の話は前にしていたのに「していない」と言われたのは、手術後に言った言わないに話を持ち込まれるのではないかという不安を感じた。
  • 7万円も違うことについて、「金額のことは置いておいて」っていうのはなぁ。100円200円値段が違った、という話ではないのである。

とにもかくにも、本来今日鼻中隔延長の料金を払うつもりだったのだが、払うのをいったんやめて検討することにした。

以前作ってもらった見積もりや会話のスクショ

2020年10月にもらった見積もり
(今は見積もりの期限が1ヶ月ですが、この当時は1年でした。
一番最初にもらった見積もりにはそもそも見積もり期限がありませんでした)。
カウンセリング時に質問し忘れたため、
鼻中隔延長を肋軟骨でやっても費用が変わらないかの確認。
半金をいくら用意すればよいかわからなかったので、再度見積もりについて問い合わせ。
「院長の草野にご確認をさせて頂き」と書いてある。
ランキング協力お願いします♪

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ